中国史年表6

隋〜唐

国号 西暦 事項
581年 隋、楊堅(文帝)即位
589年 隋、陳を滅ぼし統一す
600年 皇太子勇、廃され楊広が太子となる
604年 太子広、文帝殺し即位(煬帝
漢王諒、叛す
606年 煬帝、官吏任官試験(科挙)を始める
613年 楊玄感の乱
沙門向海明、挙兵して弥勒仏転世と称す
616年
竇建徳、自立し将軍を称す
高開道、自立す
林士弘、南越王と称す
617年 杜伏威、歴陽郡に拠って総官と称す
竇建徳、楽寿県に拠って長楽王と称す
林士弘、虔州に拠って帝位につく(楚)
梁師都、夏州で挙兵し大丞相と称す
劉武周、馬邑郡で挙兵し太守と称す
李密、自立して魏公と称す
劉武周、帝位につく(定楊)
梁師都、帝位につく(梁)
薛挙、金城県で挙兵し西秦覇王と称す
李淵、太原にて挙兵す
李軌、武威郡にて挙兵し河西大涼王と称す
薛挙、帝位につく(秦)
蕭銑、岳州で挙兵し梁王と称す
李淵、長安を占領し、代王楊侑(恭帝)を擁立
618年 宇文化及、煬帝を弑す
沈法興、挙兵す
蕭銑、帝位につく(梁)
李淵(高祖)、帝位につく(唐)
楊侗(皇泰主)、即位す
李密、皇泰主につく
薛挙、病死し息子の薛仁杲が軍を率いる
杜伏威、皇泰主につく
沈法興、皇泰主につく
李密、唐に降る
宇文化及、魏県に拠って帝位につく(許)
李軌、帝位につく(涼)
薛仁杲、唐に降り殺される
竇建徳、国号を夏とする 
高開道、漁陽郡に拠って燕王と称す
619年 竇建徳、宇文化及を降す
王世充、皇泰主を殺し帝位につく(鄭)
沈法興、梁王と称す
李子通、江都を占拠し帝位につく(呉)
杜伏威、唐につく
劉武周、太原を占領す
劉黒闥、竇建徳の麾下に加わる
620年 高開道、唐につく
沈法興、李子通に敗れ、敗走中に死す
621年 竇建徳、唐軍に捕われ殺される
王世充、唐に降る
劉黒闥、貝州で挙兵す
蕭銑、唐に降伏し殺される
高開道、再挙す(燕)
622年 劉黒闥、漢東王と称す
林士弘、病死す
劉武周、突厥にて殺される
623年 劉黒闥、唐軍に敗れ殺される
輔公祏、丹陽郡に拠って帝位につく(宋)
624年 高開道、部下の張金樹の謀叛により自殺す
杜伏威、急死す
輔公祏、唐軍に捕まり殺される
625年 玄武門の変
627年 梁師都、部下に殺される
635年 高祖李淵、崩御す
643年 太子承乾を廃し、晋王治を太子とする
649年 高宗李治、即位す
653年 陳碩真の乱
654年 高宗、太宗の才人武氏を昭儀とする
655年 王皇后、廃され、武昭儀を皇后とする
683年 中宗李哲、即位す
684年 中宗を廃して廬陵王とし、睿宗李旦即位す

戻る 年表5へ 年表7へ