中国史年表2

秦〜西漢(前漢)

国号 西暦 事項
BC221年 始皇帝(政)中国統一
213年 焚書令
212年 坑儒事件
 210年 始皇帝崩御、二世皇帝(胡亥)即位
209年 陳勝・呉広の乱
劉邦、兵を挙げる
武臣、田儋、韓広、魏王咎ら自立する  
項梁、楚の懐王の孫(心)を楚王とする
趙高、二世皇帝を殺し、扶蘇の子(子嬰)を秦王とする 
206年 秦王子嬰、降伏する
項羽(項籍)、西楚の覇王と称し、劉邦を漢王とする
西漢 202年 高皇帝(劉邦)、項羽を破る
197年 陳豨、謀反を起こす
196年 黥布、謀反を起こす
180年 諸呂の乱(呂一族の反乱未遂)
172年 淮南王(長)、謀反を起こす
154年 呉楚七国の乱
91年 巫蠱事件
80年 燕王(旦)反し、上官桀・桑広羊ら連座す。
68年 霍光、病死す。
66年 霍氏、謀反を起こす
32年 宦官石顕ら一党、罷免される
16年 王莽、新都侯となる
8年 王莽、大司馬となる
2年 董賢、大司馬となる
1年 王莽、大司馬となる
AD1年 王莽、安漢公となる
5年 王莽、平帝を毒殺し、宣帝の玄孫嬰を皇太子とする(孺子嬰)
6年 劉崇、王莽を討つため兵を起こす
7年 テキ義、王莽を討つため兵を起こす
8年 王莽、前漢を滅ぼす

戻る 年表1へ 年表3へ