劉玄(りゅうげん)

 更始帝。(即位期間:AD23〜AD25)

 光武帝劉秀とは族兄にあたる。(系図参照)

 「緑林赤眉の乱」のうち緑林軍の首領として、新末の混乱期に勢力を伸ばした。一時期は赤眉軍や後の光武帝劉秀の軍勢を傘下にかかえ、王莽を破り、ついに漢王朝の再興を果たした。

<南陽劉氏系図>

系図

戻る


劉協(りゅうきょう)

 東漢の献帝。

 袁紹らの宦官誅滅作戦の難を逃れた山中で董卓に保護される。その後、董卓によって異母兄の劉弁が廃位されると替わって帝位につく。董卓の死後、董卓の後継者争いの中、長安を脱出し、曹操のもとに保護され許へと赴くことになる。

 曹操の死後、帝位を曹丕に禅譲し、山陽公として生き長らえた。

戻る


李軌(りき)

 隋末唐初の諸群雄の一。

 鷹揚府司馬であったが、兵を挙げ河西大涼王と称し、後に皇帝を称した。

 隋の旧官を安堵するなど、人心をつかんでいたが、讒言から梁碩を殺すと次第に人心は離れ、やがて配下の安修仁が先に唐に仕えていた兄の安興貴に誘われて兵を起こすと、李軌は捕らえられ誅殺された。

戻る

劉黒闥(りゅうこくたつ)

 隋末唐初の諸群雄の一。

 はじめ、郝孝徳のもとで群盗となったが、李密、王世充を経て、竇建徳に仕えた。竇建徳が敗れると一時身を隠したが、やがて再び軍を挙げ、元竇建徳配下の将らとともに、夏の再現を果たした。しかし、唐軍に敗れて突厥に走ると、配下の諸葛徳威に捕らえられ、李建成に送られ、斬られた。

 その政治は竇建徳に倣い、勇敢さと決断力は竇建徳を凌いだが、突厥を頼みにする姿勢が南帰を望む将兵と合わず、ついには自滅することになった。

戻る

李世勣(りせいせき)

 唐の将軍。本姓は徐。李世民が即位すると、諱を避けて李勣と称す。

 はじめ、群盗の翟譲のもとに参加し、同じく翟譲配下の李密が自立するとこれに従い、部将となった。李密が王世充に敗れて唐に降ると、従って唐に仕えた。

戻る


劉武周(りゅうぶしゅう)

 隋末唐初の諸群雄の一。

 はじめ、隋の太僕卿の楊義臣の親衛隊となり、高句麗征伐に従軍して功を上げ、建節校尉となった。

 馬邑郡太守の王仁恭が民政を顧みず、郡の倉庫で民を救済しようとしなかったことを口実に軍を起こし、王仁恭を斬って自ら太守と称し、突厥に従属した。あるとき隋軍が劉武周を攻めると、突厥が軍を率いて救援し隋将を討ち取った。

 劉武周が隋を攻め、汾陽宮などを攻め落とすと、突厥は劉武周を立てて定楊可汗とした。これより、劉武周は国号を定楊と定め、皇帝と称した。

 その後、配下に宋金剛を加えると、その軍勢は華北に一大勢力を築くまでになった。しかし、李世民軍に敗れるとその勢力は衰退し、劉武周・宋金剛らは突厥へと逃げ込んだ。その後、故郷の馬邑郡に戻ろうとしたところを、突厥に捕らえられ殺された。

戻る

梁師都(りょうしと)

 隋末唐初の諸群雄の一。

 はじめ隋の鷹揚郎将となったが、大業年間の末に故郷へ帰り、乱を起こして大丞相と称し、のちに皇帝を称して国号を梁とした。

 劉武周が敗れると、配下のもので唐に降るものが相次ぎ、突厥の力を頼んでしばしば入寇させたが、突厥内部での離反が相次ぐと梁師都はやがて孤立するようになり、ついに唐軍に攻め滅ぼされた。


戻る